就職活動してますか?情報収集をしてますか?みんなの活動をチェックしてますか?就職には資格が必要な場合と不要なものもあります。海外での就職なら必要な資格はビザです。海外での転職も良いでしょう。そもそも高卒だろうと新卒だろうと、偏差値などを気にしないで済みます。アメリカでの就職から韓国,中国などで働く人も増えてるんです。海外学生ビザの情報もあります。どうぞご覧ください。

海外就職

http://xn--7rs178b.jugem.jp/
ブックマークへ登録
SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
Categories

記事検索
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | | - | - |
[ HOMEビザについて > 海外就職とビザとの関係 ]

海外就職とビザとの関係

< 海外就職とビザとの関係の記事はココから >
海外就職のためには労働ビザが必要です。しかし、
旅行代理店を通じて数日で取得できる観光ビザとは違うので、
そうカンタンに取得することは出来ないんです。
< 海外就職とビザとの関係の記事の続きはココから >
海外各国の定める条件を満たさないといけないんですね。労働
ビザ
は誰でも取得できるわけではないので、申請できても発給してもら
えない訳です。
労働ビザの多くは専門職を対象としています。そして多くの国
で労働ビザの取得要件があります。労働ビザ
の取得要件は、大学卒業以上の学歴だったり、2年から3年以上の職務経験が必要
となっています。
個人の能力によるところが大きいのが労働ビザを取得できる期
間です。取得までにかかる期間は、通常は2から3ヶ月で、早い人でも2週間から1
ヶ月程度と言われています。遅い人になると半年以上というケースやパターンも
あるようです。
海外就職する人を受け入れるということは、受け入れる側の国の人々の
仕事を奪ってしまうことになりかねません。海外就職は実は、受け入れ
る国にとってはのぞましいことではない場合もあるんです。
海外就職者が、例えば専門職以外の、誰でもできるような仕事をしてし
まうと、それだけでその国の人々の仕事がひとつなくなってしまうからです。
労働ビザの発給は、自国の人々では受け持つことができない仕
事ならば、労働者があふれることはないので、労働ビザの発給
は原則として、『専門的技能をもった人』に限定されています。それは各国とも
、自国の労働者とバランスを取りたいために海外労働ビザ
の発給対象を限定しています。

次の記事では、労働ビザをもたなくても働く方法について説明
します。
< 海外就職とビザとの関係の記事はココまで >
| カテゴリ : ビザについて | 00:06 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | | - | - |
<< 海外・・・すべてはここから | HOME | 学生ビザとは・・・? >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンク ネット
Author's Profile